2018年9月1日土曜日

カマキリみたいな後ろ脚・・・マルズヒメバチの1種

カマキリと言うか、セミ幼虫の脚と言うか、
そんな感じのヒメバチがいた。
暑くて適当な虫がいない中、ふよんふよん飛んでは止まっていた。
こちらも暑くてダレているのでスマホで撮って採集。
展翅して6日、ひとまず撮影。
体長は11mmほど。
しっぽ(産卵管)は体長以上に長い。

黒一色のヒメバチなんぞ採っても同定できひんやん、と思っていたけど、
産卵管の長いのと後脚腿節にトゲが生えているので、
図鑑やらネットの画像などを漁って、どうやら
マルズヒメバチ亜科 Xoridinae Odontocolon 属らしい、
と言うところまで絞ることができた。
本属はネットのリストを見ると、日本産は4種ほど記録があるらしいが
どれとも一致しないので、ま~た未記載種か~
と諦めかけたところで、最近の文献を検索すると
「日本昆虫分類学会会報 JAPANESE JOURNAL OF SYSTEMATIC ENTOMOLOGY Vol.23.No.2」に本属の新種記載があるじゃないの。
読んでみると、本属が新たに2種記載されているうちの1種に一致。
Odontocolon bidentatum Watanabe,2017 
でありました。和名はなし。

以下各部の画像。
側面
Odontocolon bidentatum Watanabe,2017


丸顔だけど、ヒメバチなんてみんなこんなもんだと思うけど、、

頭部、胸部側面

胸部背面

前伸腹節拡大
よく見る亀甲模様ではないけど、後方にツノが1対。

後脚腿節
本種の特徴は大きなトゲの後方に鋸歯が並ぶこと。

記載文が英語なので流し読みしかしていないけど
図は一致してるので間違っていないと思う。

ではまた

0 件のコメント:

コメントを投稿