2019年1月19日土曜日

日曜日に見た虫

これと言った名前のわかる虫に出会えない今日この頃。。

日曜日は青空。高いところにクロガネモチの実など。
ちょっと手前にピントをずらすと、、
なんか大量の双翅目が飛んでいた。真冬なのに元気やね。
武器がお散歩ネットなので手が出ず。

こっちは昨年の台風で倒れたクロガネモチ。

ペロッと捲ると緑矢印のところには、、
ヌカカ科の1種 Ceratopogonidae
以前見た陸棲ヌカカの1種と同種かなぁ?

で、青矢印のところには、、
テントウムシダマシ科の1種 Endomychus sp. Larva
三葉虫の親戚みたいなヤツ。
よく見かけるヤツなので、たぶんルリテントウダマシ辺りだと思う。
飼育して確かめてないので予想どまり。

科名としては、テントウムシダマシ科 Endomychidae  だけれども、
和名のほうは長くなるので、「~~テントウダマシ」になってる。

昨年は台風であちこちに倒木があるから、
今年はそういうのに付く虫が増えそうな感じ。

ではまた

2019年1月12日土曜日

ホソヒョウタンナガカメムシ北上中?

日曜日のお散歩で倒木脇の落ち葉を捲っていたら
4mmほどのちっちゃいカメムシが歩いていた。

見たことある様なない様な?
・・・・・・
・・・
ない様な気がする、、、
ということで、冬場は採る虫が少ないしで、、、確保。

で、結果は初めて見る子でした。
ホソヒョウタンナガカメムシ Pseudopachybrachius gutta
裏側も
ホソヒョウタンナガカメムシ Pseudopachybrachius gutta ♂
日本原色カメムシ図鑑3巻(全国農村教育協会)では分布は四国、九州以南に
なっているが、きべりはむし37(2)37-48 の「神戸空港島の昆虫相」で2013年の
採集記録(本州初記録)があるので、ちょっとずつ北上してるのかもしれない。

以下特徴を抜き書き。
ヒョウタンナガカメムシ科  Rhyparochromidae の特徴
*********************************************************
前脚先端はシラミ型でない。(こうは書いてないけどクビナガカメムシ科の特徴)
前翅は網目状にならない。(網目状はグンバイムシ科等)
複眼間溝がない。(あるのはサシガメ科)
触角3・4節は長毛を密生した糸状にならない。(なるのはムクゲカメムシ下目)
単眼がある。(ないのはカスミカメムシ科やヒラタカメムシ科等)
前翅に楔状部がない。(あるのはハナカメムシ科やフタガタカメムシ科等)
前脚脛節末端に海綿窩がない。(あるのはマキバサシガメ科)
前翅膜質部の縦走脈は5本以下で横脈はほとんどない。
小盾板に上向きの棘状突起がない。(あるのはイトカメムシ科)
腹部5,6,7節の結合板は葉状に突出しない。
腹部第4と5節腹板の間の縫合線は前方に曲がる。
*********************************************************

ホソヒョウタンナガカメムシ属の特徴
*********************************************************
(本属はサビヒョウタンナガカメムシ族だけど族の検索は割愛。)
前胸背の前葉と後葉は明瞭にくびれ、前脚腿節に2本以上の棘状突起がある。
前胸背の襟状部は触角第1節の幅と同幅か広く、明瞭な点刻がある。
頭部の長さは複眼を含めた幅より短い。
前胸背の前葉と後葉はほぼ同長。
体長は5mm以下。
*********************************************************

カメムシ図鑑によると、本属はいまのとこ1種なので、
ホソヒョウタンナガカメムシにしておく。

以下拡大画像
前胸背は襟状部、前葉、後葉に区分される。

腹部を側面から
小さいので判りにくいが、4節と5節の間は矢印の間。

おまけ
腹端引き出してみた
処理しないとこのままじゃよく判んないね。

ではまた

2019年1月5日土曜日

クモガタガガンボの1種♀

ブログの更新でもしようとパソコンを点けたらブルースクリーン。。。。。
数万年ぶりにOS再インストールしてアップデートを延々繰り返す。
半日かけて何とか使えるようになったけど、会社に画像処理ソフト置いてるので
残りは後日。。。

元日にヨメと初詣に行って見た初虫はフユシャク。


で、4日に初散歩。
さすがに10数年同じ場所を散歩してると初見はいないか判らない奴ばかり。
パソコン死にかけなので今日の画像はカメラ内編集のとってだし。
谷筋のバナナの葉が地面に付いてる所をネットで受けて叩いて見ると
お久しぶりの虫が落ちてきた。
カネノクモガタガガンボ? Chionea kanenoi 
一昨年の正月散歩で初めて見て以来、2度目。
前回は♂で今回は♀だったので再度の登場である。
前回の記事はこちら↓
雪が無くてもいるみたい・・・クモガタガガンボの1種

今回は腹端が尖っているので♀ですな。
カネノクモガタガガンボ? Chionea kanenoi 
卵産むかな?
年1化の5mmの虫。。。。
飼育は忘れんぼの私には無理そう。。。

ではまた

そりゃそうと旧ブログの不明種を新種記載していただきました。
記事はこちら↓
消去法でいくと・・・
コウベチビマルトゲムシ Simplocaria yamashitai Ohtsuka et Yoshitomi, 2018
という名前になりました。
該当文献は、A New Species of the Genus Simplocaria (Coleoptera,Byrrhidae) from Japan, with Description of the Larva of S. hispidula  Elytra,Tokyou,New Series,8(2),2018 です。

ありがたいことです。

2019年1月1日火曜日

2019年もよろしくお願いします。

ドングリで作った猪。。
12年前に作った画像の使いまわし。
本年もよろしくお願いします。

干支が「亥(いのしし)」と言うことで、近所の蛾でなんかいないか?
と思ったけど学名ではこれといったものが無く、、
英語の「Boar」で学名検索するとこんなのとか、
ニセオレクギエダシャク Protoboarmia faustinata
こんなのがいました。
ホシミスジエダシャク Racotis boarmiaria
く、苦しい。。。




ではまた

2018年12月29日土曜日

マノヒメハマキは成虫越冬?

日曜日、お地蔵さんにフユシャクの♀でもいないかと見て歩いていると、
干乾びたヤモリの糞みたいのがくっついていたので、指でつつくと飛んで行った。。
幸い気温が低いのですぐそばの葉っぱに止まったところを撮影。
マノヒメハマキ Olethreutes manoi
横から、ピント廻ってないけど蛾ですな。
マノヒメハマキ Olethreutes manoi

12月も下旬になってキレイな状態のミクロを見たので持ち帰り。
マノヒメハマキ Olethreutes manoi
おなかは純白、首回りはほんのりピンク。

展翅前に1枚。
マノヒメハマキ Olethreutes manoi
小さい白斑が目立つ。

図鑑を見ると、成虫は4~5月に見られるが、11月にも記録があるので成虫越冬ではないかと推測されている。幼虫はアラカシの新葉を縦に巻いてるとか。

小さな蛾も成虫越冬する種類が結構いますが、
基本隠れているので目立たないけど、
たくさんいるんでしょうね。

おまけ
顔のアップ。
触角基部と複眼の間に単眼が見えます。

ではまた


たぶん来年。


よいお年を。

2018年12月22日土曜日

丸いのん

歩いているだけでは目新しい虫がいない。
仕方がなく落ち葉捲りなどをしていると
丸っこいのがいた。
日本産土壌動物第2版で絵合わせすると、
シママルトビムシPtenothrix denticulata にあたる種のようだ。

胴体前半正中線に沿って2本の縦筋があり、後半に2本の横縞が途切れ途切れの輪を形成するのが特徴とのこと。
模様は個体変異があるとか。
と言うか個体の左右でも違いますな。
検索表に沿うと、爪とか毛の本数とか感覚器とかを見る必要があるけど忙しかったのでズボラした。

トビムシ目 Collembola では腹部は6節に分かれるのが基本だそうだが、
体節の境界はマルトビムシ亜目では退化し、胸部と腹部の区別も判然としない。
体が球形のトビムシ目のうち、触角が頭部より短いものが
ミジントビムシ亜目 Neelipleona

触角が頭部より長いのが
マルトビムシ亜目Symphypleona である。
左の触角第4節の片っぽは失われている。
脱皮するときに再生するが中途半端でときがあるようだ。

ほっぺたはぷっくりしている。
矢印は跳躍器(ちょうやくき)で腹部後端から前方に伸びている。
跳躍器は腹部第4節腹面から伸びており、アヤトビムシ科では他の節より長くなる。
普段は腹部第3節腹面にある「保体」で跳躍器が固定されていて
保体が外れた瞬間に跳躍器が地面を蹴って跳ねる。

明るい処は嫌いなようで、コレもすぐにピンッと飛んでった。

おしり側
なんか顔が貼り付いてるみたい。

(゚ロ゚)

跳躍器が判りやすい?画像があった。
昨年の冬に腐葉土から見つけた子。
跳躍器は付け根から「柄節」、1対の「茎節」「端節」と続く。
たぶん ハケヅメマルトビムシ Papirinus prodigiosus だと思う。
眼の間のおでこに1対のコブ状隆起がある。

ではまた

2018年12月15日土曜日

コキアシヒラタヒメバチ

ネタが無いのでちょっと前(11/25)になんとなく採ったヒメバチを調べてみる。

例によって以下のサイトで総当たり(素人同定)
「日本産ヒメバチ目録 Check list of Japanese Ichneumonidae」
「Information station of Parasitoid wasps」で絵合わせ同定した結果、

コキアシヒラタヒメバチ Apechthis capuliferaのようだ。
産卵管が短く見えるが、付け根から見ると の長さがあるのでそこそこ。
後脚付節より長いくらい。

ヒラタヒメバチ亜科 Pimplinae に属する。

上記サイトから Aphectis 属の特徴を抜き書き。
*********************************************
頭盾は溝で顔面と区分され、先端半分が薄くなる
中胸盾板はなめらか
腹柄節の気門は中央より前方にある
側板溝はほぼ直線
体色は黒色
体はツヤがないか鈍いツヤがある程度
爪の基部は幅の広い付属歯を持つ
産卵管の先端は著しく下方に曲がる
*********************************************

以下拡大画像。胸部背面、ツヤはない。

顔。矢印が顔面と頭盾の境い目の溝。この溝から触角までが顔面。
溝から下が頭盾。頭盾下方は薄っぺらく見える。
複眼に模様があるのは乾燥して中が剥離したから。生時は黒い。


青矢印が中胸の側板溝。緑矢印は腹柄節の気門位置。
腹柄節と言うか腹部第1節、と言うか前伸腹節があるから正確には第2腹節。
上のヒメバチサイトでは見かけの腹部を「後体節」と呼称している。

爪基部に幅広の板状の付属歯、爪間体が爪の間にあるので付属歯が判りにくい。
写真の腕が無くてすまぬ。

下方に曲がる産卵管の拡大。ギザ歯付き。

Apechthis 属はリストによると日本産5種。
すべての画像は無いが模様と産卵管の長さがよく一致するので
間違いないだろう。
本種は寒冷地では後脚腿節はしばしば黒化するとのこと。
普通種で、おもに鱗翅目の蛹に寄生するそうな。

秋口から初冬にかけてよく見かける気がするので
越冬蛹を探して飛んでるのかな?

ではまた